駐車違反,路上駐車

「車検拒否」制度とは

◆「車検拒否」制度とは

 

もし、放置違反金を滞納し続けたままだと、その違反した車両は、次の車検を受ける時に、放置違反金を納付したこと、または徴収されたことを証明する書面を提示しなければ、自動車検査証等の返付を受けられません。要するに、車検手続きを完了できない、その車両に乗ることができないという制度です。

 

念のため、放置違反金を納付したこと、または徴収されたことを証明する書面とは、まず「領収証書」とうい、指定金融機関で放置違反金を納付したときに交付されるものか、もう1つが「納付・徴収済確認書」という、滞納処分によって放置違反金を徴収されたときまたは「領収証書」を紛失したときに警察署等の窓口で申請して交付を受けたものとさします。

 

もし、納付・徴収済確認書が必要な場合、放置違反をした場所を管轄する公安委員会の駐車対策担当係に連絡して、その指示を受けることになっています。

「車検拒否」制度とは関連エントリー

「車両の使用制限処分」とは
駐車違反,駐車禁止,路上駐車,点数,罰金,反則金,減点の情報
車検時に駐車違反放置金があるか確認
駐車違反,駐車禁止,路上駐車,点数,罰金,反則金,減点の情報
車検対象にならないバイクで放置違反した場合
駐車違反,駐車禁止,路上駐車,点数,罰金,反則金,減点の情報