駐車違反,路上駐車

「車両の使用制限処分」とは

◆「車両の使用制限処分」とは

 

万が一、同じ車両が放置駐車違反を繰り返して行ったとします。そして、一定の基準を超える回数以上の放置違反金納付命令を受けた場合、公安委員会は、その車両の使用者に対して、一定期間、車両の使用の禁止を命令する処分のことをさします。

 

例えば、放置違反金納付命令の原因となる違反が行われた日以前、6か月以内に、同じ車両で違反をし、なおかつ一定回数以上の納付命令を受けたことがある場合、公安委員会がその使用者に対して、3か月を超えない範囲内で期間を定め、その車両を運転したり、他の人に運転させてはならないといったりすることを命令するものです。

 

この使用制限の基準は、まず、1年以内の使用制限前歴回数が前歴なし、1回、2回以上に分けられ、6か月以内の納付命令の回数がそれぞれ3回以上、2回以上、1回以上となっています。

「車両の使用制限処分」とは関連エントリー

「車検拒否」制度とは
駐車違反,駐車禁止,路上駐車,点数,罰金,反則金,減点の情報
車検時に駐車違反放置金があるか確認
駐車違反,駐車禁止,路上駐車,点数,罰金,反則金,減点の情報
車検対象にならないバイクで放置違反した場合
駐車違反,駐車禁止,路上駐車,点数,罰金,反則金,減点の情報