駐車違反,路上駐車

駐車違反による減点逃れができる理由

◆駐車違反による減点逃れができる理由

 

2006年6月の道路交通法改正により、もし駐車違反をした場合、車の持ち主が放置違反金を納める制度が始まりました。それと同時に、実際に違反をした人物ではなく、車の持ち主が違反金を納付すると、免許証の停止や取り消しに影響する減点のペナルティが避けられるという減点逃れが指摘されるようになりました。

 

しかし、この道交法改正以前にも、駐車違反として取り締まりを受けながら、運転者が出張しない「逃げ得」のケースがかなりの数でいたそうです。実際、運転していたのが誰かを特定する捜査はとても難しく、今回の道交法改正により、この逃げ得を封じることを試みたものの、また別の新たな逃げ道を作ってしまった形になりました。

 

道交法改正後、運転者が特定できない場合、まず、車もナンバーから持ち主である使用者を特定し、持ち主の住所あてに公安委員会から、運転していた場合の反則金と同額の放置違反金を納めるための払い込み用紙、仮納付書が送付させることになりました。

 

ただし、ここで持ち主が支払ってしまうと、事務手続き上、すべて完了してしまうため、違反した運転手には、何のペナルティもないことになります。

駐車違反による減点逃れができる理由関連エントリー

駐車違反による減点逃れの実態
駐車違反,駐車禁止,路上駐車,点数,罰金,反則金,減点の情報
駐車違反における減点逃れのカラクリ
駐車違反,駐車禁止,路上駐車,点数,罰金,反則金,減点の情報