駐車違反,路上駐車

駐車違反による減点逃れの実態

◆駐車違反による減点逃れの実態

 

万が一、駐車違反をして、その車の運転車を特定できなかった場合、車検証に記載されている車の持ち主である使用者あてに、運転していた場合の反則金と同じ額の放置違反金を納めるための払い込み用紙である仮納付書が送付されます。

 

しかし、この方法だと、車の持ち主が実際に駐車違反をしたかどうかを判断する術はまったくありません。もし、車の持ち主と、違反した運転者が別だとしても、送付された払い込み用紙で違反金を払ってしまうと、事務的にすべて完了してしまいます。そして、違反した運転者には、免許証の停止や取り消し、減点といったペナルティが課せられない、減点逃れができてしまうわけです。

 

ただ、違反車両には。ステッカーが貼られます。このステッカーには、この車両の使用者は●●公安委員会から放置違反金の納付を命ぜられることがあります、といった文面がとても目立つ形で印刷されています。

 

実際のところ、2006年6月の道路交通法改正後、駐車違反の件数は減り、渋滞が緩和されて交通事故も減少したようです。

駐車違反による減点逃れの実態関連エントリー

駐車違反による減点逃れができる理由
駐車違反,駐車禁止,路上駐車,点数,罰金,反則金,減点の情報
駐車違反における減点逃れのカラクリ
駐車違反,駐車禁止,路上駐車,点数,罰金,反則金,減点の情報