駐車違反,路上駐車

駐車禁止場所エントリー一覧

駐車が禁止されている場所
◆駐車が禁止されている場所駐車が禁止されている場所は、道路交通法の第45条および第46条に定められています。もし、車両が以下の場所に駐車した場合、駐車違反になります。まず、「駐車禁止の道路標識・道路標示により駐車が禁止されている場所」です。駐車違反のマークなどをよく見かけると思います。そして「車庫または自動車用の出入口から三メートル以内の部分」「道路工事が行なわれている場合における当該工事区域の側端から五メートル以内の部分」です。駐車場や工事現場は注意が必要です。また「消防用機械器具の置場若しく...
時間制限駐車区間とは
◆時間制限駐車区間とは車などの車両が駐車する場所について、時間制限駐車区域があります。これは「時間を限って同一車両が引き続き駐車することができる道路の区間であることが道路標識等により指定されている道路の区間について、当該時間制限駐車区間における駐車の適正を確保するため」と、道路交通法第49条でに設置される設備のことです。例えば、道路標識で「駐車可」「時間制限駐車区間」があり、パーキング・メーターも含まれます。ただし、この時間制限駐車区間において、車両が、一定のルールに従って駐車しなかった場合、駐...
駐車禁止が適用除外される例
◆駐車禁止が適用除外される例駐車禁止の場所にもかかわらず、場合によっては、駐車禁止にならないケースがあります。まず、路線バスやトロリーバス、路面電車が、停留所などで運行時間を調整するために駐車する場合です。そして、「駐車可」の道路標識によって駐車可とされている場所や、警察署長に駐車可の許可を受けて駐車する場合、公安委員会の規則によって駐車禁止や時間制限駐車区間等の指定から除外されている場合も、駐車違反になりません。また、自治体によって、駐車禁止にならない例外が細かく定められています。以下に東京都...
停車について
◆停車について駐車違反にはならない1つに、停車があります。停車は、車両等が停止することで、駐車以外のことです。まず「人の乗降のための停止」です。客待ちや人待ちは駐車になります。次に「5分を超えない貨物(荷物)の積みおろしのための停止」です。ただし、荷待ちは駐車です。一方で「法令の規定若しくは警察官の命令により、又は危険を防止するための一時停止」という停車もあります。例えば、衝突などの危険を予防・防止・危険を回避したり、行き違いのための待ち合わせしたり、赤信号や一時停止の道路標識や踏切の直前や、道...