駐車違反,路上駐車

時間制限駐車区間とは

◆時間制限駐車区間とは

 

車などの車両が駐車する場所について、時間制限駐車区域があります。

 

これは「時間を限って同一車両が引き続き駐車することができる道路の区間であることが道路標識等により指定されている道路の区間について、当該時間制限駐車区間における駐車の適正を確保するため」と、道路交通法第49条でに設置される設備のことです。

 

例えば、道路標識で「駐車可」「時間制限駐車区間」があり、パーキング・メーターも含まれます。ただし、この時間制限駐車区間において、車両が、一定のルールに従って駐車しなかった場合、駐車違反になります。

 

まず、パーキング・メーターが車両を感知した時、またはパーキング・チケットの発給時から道路標識等により表示されている時間を超えて継続駐車してはいけません。

 

また、時間制限駐車区間においては、道路標示等により指定されている駐車の方法に従って駐車します。

 

一方、駐車後はすみやかに、パーキング・メーターを作動させるために硬貨などを投入します。また、パーキング・チケットは、車両の前面ガラスの内側で見やすい場所に掲示しなければいけません。

時間制限駐車区間とは関連エントリー

駐車が禁止されている場所
駐車違反,駐車禁止,路上駐車,点数,罰金,反則金,減点の情報
駐車禁止が適用除外される例
駐車違反,駐車禁止,路上駐車,点数,罰金,反則金,減点の情報
停車について
駐車違反,駐車禁止,路上駐車,点数,罰金,反則金,減点の情報