駐車違反,路上駐車

放置駐車違反に課される措置

◆放置駐車違反に課される措置

 

もし、駐車監視員が放置駐車の違反を確認した場合、いったいどうなるのでしょうか。

 

まず、放置駐車違反を行った運転者らが不明などで、違反の責任を追及できない場合、車の使用者、要するに車検証の使用者欄に記載されている者に責任追及されることになります。そして、放置違反金納付命令がなされ、放置違反金の仮納付書が送付されることになります。

 

また、この場合に、放置違反金を納付せず、さらに督促されてもなお納付がない場合、税金でのケースと同様に、財産の差し押さえを受けることになります。

 

一方、放置違反金の滞納がある場合、車の車検を受けることができません。

 

さらに、放置違反金の支払いが常習化した場合、車両の使用制限命令を受けることになり、一定の期間で車両を使用できないことになります。

 

ただし、放置駐車違反の当該車両の運転者が、確認標章というステッカーに基づいて反則金を納付する場合、従来通りの手続きとなります。

放置駐車違反に課される措置関連エントリー

駐車監視員はみなし公務員
駐車違反,駐車禁止,路上駐車,点数,罰金,反則金,減点の情報
駐車監視員になる資格
駐車違反,駐車禁止,路上駐車,点数,罰金,反則金,減点の情報
駐車監視員の業務
駐車違反,駐車禁止,路上駐車,点数,罰金,反則金,減点の情報
駐車監視員になるための講習内容
駐車違反,駐車禁止,路上駐車,点数,罰金,反則金,減点の情報
駐車監視員が導入されてから悪影響
駐車違反,駐車禁止,路上駐車,点数,罰金,反則金,減点の情報