駐車違反,路上駐車

駐車監視員になるための講習内容

◆駐車監視員になるための講習内容

 

駐車違反、違法駐車を監視する「駐車監視員」になるには、あらかじめ決められた講習会を受講する必要があります。

 

まず、受講資格は、18歳以上の者に限定されています。

 

そして、講習はというと、各都道府県によって実施時期が異なります。日程は、講習が2日、修了考査または認定考査が1日です。

 

駐車監視員資格者講習は、東京法令出版発行の「駐車監視員資格者必携」(駐車対策研究会著)という教本と、視聴覚教材を用いて行われます。そして、筆記による修了考査が実施されます。

 

この修了考査を含み、講習時間は合計15時間と規定されています。テキストによる講義が2日で14時間、修了考査が講習終了後の約1週間後に1時間の合計3日で15時間です。

 

ちなみに、テキストの内容は、駐車対策に取り組む交通警察、違法駐車取締りのための仕組み、放置車両の確認事務に必要な基礎知識、放置車両の確認・標章取付けの実施要領、駐車監視員の責任などとなっています。

駐車監視員になるための講習内容関連エントリー

駐車監視員はみなし公務員
駐車違反,駐車禁止,路上駐車,点数,罰金,反則金,減点の情報
駐車監視員になる資格
駐車違反,駐車禁止,路上駐車,点数,罰金,反則金,減点の情報
駐車監視員の業務
駐車違反,駐車禁止,路上駐車,点数,罰金,反則金,減点の情報
放置駐車違反に課される措置
駐車違反,駐車禁止,路上駐車,点数,罰金,反則金,減点の情報
駐車監視員が導入されてから悪影響
駐車違反,駐車禁止,路上駐車,点数,罰金,反則金,減点の情報