駐車違反,路上駐車

放置違反金とは

◆放置違反金とは

 

2004年6月の道路交通法改正により、車両の使用者義務の強化により、新たに設けられたのが、放置違反金です。2006年6月から施行されています。

 

放置違反金は、放置駐車違反にたいする反則金で、行政制裁金の1つです。改正前の、従来の駐車違反に対する反則金は、駐車違反を行った運転者に対して適用されるものでした。

 

しかし、放置違反金は、もし、放置駐車違反を行った車両の運転者が特定できない場合、車両の使用者という、車検証等の車両登録上の使用者に対して、放置違反金の支払いを命じることができます。

 

例えば、放置違反金の納付義務者が、もし、放置駐車違反車両が社用車であれば法人になりますし、レンタカーであればレンタカー会社になります。また、自家用車を家族や友人に貸した場合、たとえその運転者が放置駐車違反を行った場合、通常、貸した本人で車両登録上の使用者が放置違反金の納付義務者となってしまいます。

 

放置違反金は、自動二輪車(オートバイ)や原動機付自転車(原付)も制度の対象となります。ただ、重被牽引車を除く一般的な軽車両、自転車は対象外です。

放置違反金とは関連エントリー

放置違反金の督促と滞納処分
駐車違反,駐車禁止,路上駐車,点数,罰金,反則金,減点の情報
放置違反金の滞納で使用制限命令
駐車違反,駐車禁止,路上駐車,点数,罰金,反則金,減点の情報
放置違反金の使途
駐車違反,駐車禁止,路上駐車,点数,罰金,反則金,減点の情報