駐車違反,路上駐車

放置違反金の督促と滞納処分

◆放置違反金の督促と滞納処分

 

道路交通法の改正により、2006年6月から施行された放置違反金については、督促や滞納処分が定められています。

 

もし、放置違反金の納付命令を受けた者が納付期限を過ぎても納付しない場合、納付するように督促状が送られてきます。

 

さらに、督促を受けた者が指定期限までに放置違反金および延滞金を納付しない場合は、地方税の滞納処分と同様に、強制的に徴収されることもあります。

 

さらに、放置違反金を支払わずにずっと滞納した場合は、さまざまな罰則があります。

 

例えば、車検拒否制度です。もし、駐車違反したのが自動車検査登録制度(車検)対象の車両である場合は、放置違反金を滞納して督促を受けたことがあったら、車検時に放置違反金の納付等を証明する書面を提示しなければ、車検を受けることができないようになっています。

放置違反金の督促と滞納処分関連エントリー

放置違反金とは
駐車違反,駐車禁止,路上駐車,点数,罰金,反則金,減点の情報
放置違反金の滞納で使用制限命令
駐車違反,駐車禁止,路上駐車,点数,罰金,反則金,減点の情報
放置違反金の使途
駐車違反,駐車禁止,路上駐車,点数,罰金,反則金,減点の情報