駐車違反,路上駐車

駐禁レッカーの法的根拠

◆駐禁レッカーの法的根拠

 

放置駐車の違反車両を、レッカー車に載せて移動させる光景を目にします。この駐禁レッカーは、法律で定められています。

 

その定義は、放置駐車違反の車をレッカー移動するときの根拠は、道路交通法51条3項にあります。

 

「警察官等は、道路における危険を防止し、その他交通の円滑を図るため必要な限度において、当該車両の駐車の方法を変更し、又は当該車両を移動することができる」

 

わかりやすく解説すると、交通の安全という危険防止、およびその円滑のため、その車にどうしても移動してもらわないといけないけれども、「当該車両の運転者その他当該車両の管理について責任がある者」(同条1〜3項)が移動しない(できない)ので、警察が代わりに移動する、というものです。

 

さらに、移動費用については「実費を勘案して」(同条 15項)、「運転者等又は使用者若しくは所有者」に負担させる(同条14項)とまで定められています。

 

以上が、駐禁レッカー移動に該当するのです。

駐禁レッカーの法的根拠関連エントリー

駐禁レッカーの実態
駐車違反,駐車禁止,路上駐車,点数,罰金,反則金,減点の情報
レッカー移動で引き取るのは使用者
駐車違反,駐車禁止,路上駐車,点数,罰金,反則金,減点の情報
駐禁レッカーの車を違反者が引き取った場合
駐車違反,駐車禁止,路上駐車,点数,罰金,反則金,減点の情報
駐禁レッカー料金の支払い
駐車違反,駐車禁止,路上駐車,点数,罰金,反則金,減点の情報
レッカー移動代をずっと払わない場合
駐車違反,駐車禁止,路上駐車,点数,罰金,反則金,減点の情報