駐車違反,路上駐車

駐禁レッカーの実態

◆駐禁レッカーの実態

 

駐車違反の車がレッカー車で運ばれていくことについては、道路交通法によって定められています。要するに、そのまま放置しておくと迷惑がかかるから移動する、といった内容です。確かに、この法的理由だと、何となく納得がいく気がします。

 

しかし、実際のところ、一刻も早くレッカー移動してもらいたい迷惑車両が移動される場面にはあまり遭遇しません。誰の迷惑にもなっていない、1台移動しても意味がない、といったような車が、どんどんレッカー移動されています。

 

さらに、2006年5月末までは、警察官がチョークで印をつけ、一定時間待ってからレッカー移動していました。しかし、2006年6月1日から、確認標章の取り付けという取り締まりと同時に、レッカー移動もただちに行うようになったのです。

 

もっとわかりやすくいうと、放置車両、すなわち運転者が車両を離れて直ちに運転できない状態の違法駐車を発見した場合、ただちに確認標章を取り付けます。そして、取り付けが終わり次第、すぐにレッカー移動してしまうのです。

駐禁レッカーの実態関連エントリー

駐禁レッカーの法的根拠
駐車違反,駐車禁止,路上駐車,点数,罰金,反則金,減点の情報
レッカー移動で引き取るのは使用者
駐車違反,駐車禁止,路上駐車,点数,罰金,反則金,減点の情報
駐禁レッカーの車を違反者が引き取った場合
駐車違反,駐車禁止,路上駐車,点数,罰金,反則金,減点の情報
駐禁レッカー料金の支払い
駐車違反,駐車禁止,路上駐車,点数,罰金,反則金,減点の情報
レッカー移動代をずっと払わない場合
駐車違反,駐車禁止,路上駐車,点数,罰金,反則金,減点の情報