駐車違反,路上駐車

弁明通知書エントリー一覧

弁明通知書が送られてきた場合の対処法
◆弁明通知書が送られてきた場合の対処法もし、駐車違反をしてしまい、確認標章という黄色いステッカーを車に貼られても運転者がひたすら無視し続けていた場合、今度は車検証上にある車の「使用者」に対して、仮納付書と弁明通知書が送付されてきます。この「弁明通知書」は、公安委員会の納付命令に先立って、車両の使用者にある権利保護の観点も踏まえて、車両の使用者に相当の期間を指定し、弁明書及び有利な証拠を提出する機会があることを通知するものです。そして、弁明通知書を受け取ったら、よく読んで、もし弁明の事由がなく、早...
弁明書の提出したその後
◆弁明書の提出したその後もし、放置違反をして、車に取り付けられた確認標章を無視し、車の車検証上にある使用者に対して送られてきた弁明書を提出したとします。しかし、弁明書を提出しても、必ず違反の責任を免除されるということはありません。まず、公安委員会では、弁明書の提出があった場合、その事実関係の審査を行います。そして、弁明の内容によって、その事実関係を明らかにするために、関係者に対し、違反をした車両の使用に関しての必要な報告、資料の提出を求めることができることとされています。また、公安委員会が弁明者...
弁明が認められるケース例
◆弁明が認められるケース例放置違反の弁明書を、公安委員会あてに提出したとします。そして、公安委員会により、弁明書にのっとって、放置違反が起こった事実関係の審査が行われます。基本的に、車の車検証上にある使用者による弁明が認められるケースは決まっています。まず、あらかじめ駐車許可証を実は所持していたなど、違反が成立していないのに確認標章が取り付けられていた場合です。そして、放置違反の当該違反日において、放置車両の使用者ではなかった場合も、弁明が認められます。さらに、当該車両にかかる違法駐車行為が、天...