駐車違反,路上駐車

罰金、反則金の納付エントリー一覧

放置違反金の納付場所
◆放置違反金の納付場所もし、放置違反をしてしまい、確認標章という黄色いステッカーを車に貼られたまま、警察に出頭せずに放ったらかしにしていると、違反した車の車検上の使用者あてに、弁明通知書と仮納付書が送られてきます。この通知も無視した場合、さらに弁明しても認められなかった場合、公安委員会によって納付命令がなされます。仮納付、納付命令とも、放置違反金をどこで支払えばよいかというと、まず、違反した場所が大阪府なら、大阪府内の銀行、信用金庫、信用組合、農業協同組合(JA)、郵便局、ゆうちょ銀行などになり...
納付書の期限切れや紛失の場合
◆納付書の期限切れや紛失の場合放置違反をして、車に貼られた確認標章のステッカーを無視し、さらに送られてきた仮納付書なども放置したまま、納付期限が過ぎてしまったとします。もし、納付書の納付期限が過ぎてしまった場合、気付いたらすぐに、その納付書を発行した公安委員会の駐車対策担当係に連絡します。そして、そこで与えられる指示を受けることになります。一方、納付書そのものを紛失してしまった場合、どうすればよいかというと、納付の期限切れとまったく同様で、その納付書を発行した公安委員会の駐車対策担当係へ連絡して...
放置違反金納付命令書を無視した場合
◆放置違反金納付命令書を無視した場合もし、放置駐車の違反で貼られた黄色いステッカー、確認標章で記載された通りに警察署に出頭しないと、違反した車の車検証上にある使用者に対して、弁明通知書と仮納付書が送られてきます。さらに、放置違反金の仮納付も弁明もしなかった場合、今度は「放置違反金納付命令書」が送られてきます。この放置違反金納付命令書を放置した場合、放置違反金納付命令による納付期限が経過して一定期間が過ぎると、違反地を管轄する公安委員会から「督促状」が送られてきます。そして、この督促状が送付された...
放置違反で督促状を受け取ったその後
◆放置違反で督促状を受け取ったその後放置駐車の違反をし、警察に出頭せず、弁明することなく仮納付もせず、さらに納付命令も無視し、放置違反金を納めないままでいると、督促状が送られてきます。さらに、この督促状が送られてきても、放置違反金を納付しなかったとします。そうすると、滞納処分の対象となります。他の地方税などの税金の滞納と同じ処分を受けます。そして最終的に、財産の差押え、換価処分などによって、強制的に放置違反金を徴収されることとなります。例えばのケースですが、銀行口座から、放置違反金分の金額が引き...