駐車違反,路上駐車

確認標章を無視するとどうなるか

◆確認標章を無視するとどうなるか

 

2006年6月の道路交通法改正により、基本的に5分以上、駐車禁止エリアで駐車すると違反とみなされ、確認標章という新しいステッカーが貼られます。これが悪評高いステッカーです。

 

しかし、このステッカーについて知らん顔をして無視していると、いったいどうなるのでしょうか。

 

まず、車の運転手はなかなか特定できませんが、車のナンバーから車検証に記載されている使用者は調べればわかります。そのため、その使用者に対して「弁明通知書」「放置違反金」の仮納付の納付書が郵送されてきます。

 

実際、駐車違反の者が素直に出頭する場合は、その出頭は取締りから3日以内がほとんどだそうです。そのため、原則として3日を過ぎても出頭がない場合、いっせいに郵送されるようです。