駐車違反,路上駐車

駐車違反しても違反点数が減らない方法

◆駐車違反しても違反点数が減らない方法

 

2006年6月の道路交通法改正により、駐車違反をした車両に対して「放置車両確認標章」、いわゆる確認標章のステッカーが取り付けられることになりました。このステッカーを貼られると、基本的に必ず、反則金を支払わなければなりません。

 

ただし、確認標章の取り付け(貼り付け)を行う前に、もし運転者が車へ戻ってくれば、取り付けは行わない、とされているので、ステッカーを貼ったらアウト、貼る前ならセーフ、ということになります。

 

残念ながら、確認標章を取り付けられてしまった場合、違反者には2つの選択肢があります。1つは、正直に警察に出頭すること、もう1つは、出頭しないことです。

 

まず、警察に出頭すると、違反キップを切られ、反則金の納付書を交付され、さらに、違反歴となって、違反点数がつくことになります。しかし、出頭しない場合、その車の持ち主、車検証での「使用者」に「弁明通知書」「放置違反金」の仮納付書が郵送されます。

 

この放置違反金は、改正後に新設されました。金額は反則金と同じです。放置違反金が納付されると、その違反の処理は終わります。しかも、車の持ち主は違反者ではないため、違反キップを切られず、違反点数もつきません。

 

ある意味、違反者の優遇制度とも言えます。