駐車違反,路上駐車

駐車違反に納得いかずに争う方法

◆駐車違反に納得いかずに争う方法

 

駐車違反のステッカーを取り付けられても、どうしても納得できない場合、争う方法が2つ考えられます。

 

1つは、警察に出頭して違反切符を切られ、なおかつ不起訴になって、さらに、放置違反金の納付命令を受けた場合、その命令を不服として、納付命令を取り消すよう求めるのと同時に、違反点数の抹消も求める方法です。

 

そしてもう1つは、警察に出頭せず、車の持ち主の立場において、通達に従えば、ここは規制が見直されるべき道路であり、本件駐車に違法性はなく、使用者責任を追及されるいわれはない、などという趣旨の弁明を行う方法です。この方法は、最終的に裁判を起こすことになりますが、東京地裁の民事開廷表によると、「放置違反金納付命令取消」という事件名の裁判が、実際にあるようです。

 

ただし、2つの方法はいずれも、今すぐに勝てる見込みは薄いと考えられます。