駐車違反,路上駐車

罰金、反則金、放置違反金納付命令書を無視した場合

◆放置違反金納付命令書を無視した場合

 

もし、放置駐車の違反で貼られた黄色いステッカー、確認標章で記載された通りに警察署に出頭しないと、違反した車の車検証上にある使用者に対して、弁明通知書と仮納付書が送られてきます。

 

さらに、放置違反金の仮納付も弁明もしなかった場合、今度は「放置違反金納付命令書」が送られてきます。

 

この放置違反金納付命令書を放置した場合、放置違反金納付命令による納付期限が経過して一定期間が過ぎると、違反地を管轄する公安委員会から「督促状」が送られてきます。そして、この督促状が送付された場合、その車両が「車検拒否」の対象として登録されます。要するに、放置違反金を納めなければ、車検を完了できなくなってしまいます。

 

しかも、納付期限が経過した日から、延滞金の計算がスタートします。